ラウンジリザード

    

ラウンジリザードは
どのくらいCoolか?

  
ラウンジリザードとは、デニムやジャケット、レザー、ミリタリー等で人気を誇るブランドです。 ラウンジリザードは通販でも店舗でも人気が高く、売れ筋のアイテムは、シャツやデニムジャケット などではないでしょうか? ラウンジリザードの服を着ていると、どこで買ったのかよく聞かれるケースが多いようですね。 その理由は、ある程度、販売すると同じ商品は入荷しないためで、自分だけの一着という感じがして良いですね。 ラウンジリザードは、1998年に東京の渋谷区にオープンした男性ブランドで、 八重樫学氏と東郷達也氏の2人にデザイナーによるものです。シルエットが綺麗でシャープ(細身)なスタイルのアイテムが多いのが特徴です。

ラウンジリザードの魅力

ラウンジリザードの最大の魅力は、そのシャープなシルエットではないでしょうか。 男性服の場合、ゆったりしたデザインがいくつかあるものですが、ラウンジリザードには まったくといっても見当たりません。細身のカッチリしたデザインが、人気をよんでいます。 また、オーソドックスな柄や色使いで、あまり奇抜なデザインもありません。 どんなブランドに合わせても違和感がないのが特徴の一つです。 アクセサリーにおいても、シンプルでどんなファッションにも合わせやすいものとなっています。 これもラウンジリザードの魅力の1つで、どんなコーディネートでもできるということは、 デートの際に女性がどのような恰好をしてきても違和感があまりないということになります。 カットソー、Tシャツ、デニムなどアイテムも豊富で、TPOに合わせた着こなしが楽しめます。 一度、惚れ込んでしまうと、通販で購入する方が多いのも特徴です。

ラウンジリザードの魅力−その2−

ラウンジリザードは、ブラックカラーが主体のフィット感のあるタイトなデザインの デニム、ミリタリー、Tシャツ、ジャケット、パンツなどが多いのが特徴的です。ブーツなどもあり「トータル」に 洋服をコーディネートできてしまうのが魅力的ですね。 しかし、ラウンジリザードは値段的にその他のブランドと比べて、若干高めになっています。 大量生産ではなく素材も一級品であり、相応の価値があります。むしろ大手ブランドよりもしっかりした素材で 価格が安いということがいえます。

妥協をしない姿勢

スポンサードリンク
ラウンジリザードは、妥協をしません。 ラウンジリザードのアイテムの中にはエルメスやグッチといった高級ブランドの価格帯のような商品もありますが、 革1つにとっても厳選されたコードヴァンなどの素材を使用していたり、妥協が無いので品質には全く問題ないといえます。 また、ラウンジリザードの痛いところは、細身でないとまず、着こなせないという点です。 この点でいえば、その他のブランドは、男性用であれば、必ずゆったりしたサイズのバリエーションをいくつか 用意していますが、ラウンジリザードでは、そのような妥協は一切ありません。 この姿勢は、素材やデザインにも妥協をしない姿勢を暗に裏づけており、ブランドをブランドたらしめている ポイントとなっています。

店舗のリスト